落語の話から世の中の色々まで


by rakugoboys

<   2014年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧


いよいよ 後十日 で 第六回目 の 一門会

今回 の 演目は 「鬼の面」 と 「笑い茸フルバージョン」

「鬼の面」は 関西にも 同目 の 落語が ありますけど

全くの 別物 であります。

お松 と言う 六歳の 女の子 が 主人公

お松 は 口減らし で 大店に 奉公に出されました。

その 泣き虫お松 に 災難が 降りかかります が

「災い転じて福となす」年末に聞いて

ほっこり と する 落語となっています。

「笑い茸フルバージョン」 は 寄席で演じている十五分ではなく

プロローグ から 違いますので 聞きごたえ 十分

生まれてから 笑ったことの無い 亭主 に 女房のとった 手段とは…

笑うことで どんな メリットがあるのか?

これは 現代のギスギス した 社会観念 にも ヒントが あるかも。

そして 少しづつ 成長している 弟子 の さん歩 と あんこ

落語会二年目 の 年末 には 是非 笑いで〆ましょう!

十二月二十日 土曜日 十八時半 開場 十九時 開演

東田端ふれあい館 北区東田端二の二十の五十一

予約二千円 当日二千五百円 中学生以下割引有

予約は 090 1053 6734 crossr@sepia.ocn.ne.jp

今回 の 写真は 熱演する 一番弟子の さん歩くん です

b0320128_10533254.jpg

[PR]
by rakugoboys | 2014-12-10 10:49 | 落語